住宅ローンと年収

親子リレーローンとは?メリット・デメリットは?【フラット35審査】

まずは結論からご紹介します。「親子同居の住宅なので一緒にローンを返済したい」「住宅ローンを借りたいけれど年齢の上限が近い」といった場合に有効活用できる親子リレー返済。2世代にわたって返済し後継者の年齢を元に借入れ期間を算出するため年金を受給する年齢になった方や長めの返済期間で無理なく住宅ローンを返済していきたいという方に最適です。そんな親子リレー返済を利用できるフラット35で当サイトがイチオシなのが楽天銀行になります。フラット35最低金利と最低水準の手数料でどこよりもお得に借りることができます。またネット銀行なので全国どこからでも申込み可能で来店は一切不要という便利さも人気の理由になっています。

親子リレーローンで年収を補うには?【フラット35】

親子

今回は、住宅ローンの年収を補う方法として、親子リレー返済(親子リレーローン)のについてお話したいと思います。

住宅ローンを組む際、一人の年収では、ローンの審査に通らない場合に、2人の年収をあわせて原資にする方法があります。

その方法として有名なのが収入合算やペアローンになります。収入合算では、主たる債務者は一人で、もう一方の人は住宅ローンの連帯保証人や連帯債務者になります。

連帯債務者の場合、ペアとなる人が一定の金額分の返済を分担することはありますが、基本的には主たる債務者が住宅ローンを返済します。

一方、ペアローンでは、2人のペアがそれぞれ、独立に住宅ローンを組みます。基本的には、2人が同時に別々の住宅ローンの契約をして返済を開始するわけです。

2人の年収を原資にするもう一つの方法が親子リレーローンです。

親子リレーローンでは、住宅ローンを同時に返済するのではなく、2人の年収を利用して時間をずらして返済します。親子リレーローンでは、親子(あるいは、子ではなく孫の場合も有り得ます)が連帯債務者となります。

※住宅金融支援機構のフラット35では親子リレー返済により二人でローンを引き継ぐことから、より返済期間の長いフラット50も利用できるようになりました。

住宅ローンの返済当初は、親が住宅ローンを返済し、親が高齢になって住宅ローンの返済が困難になった場合、あるいは、子が住宅ローンの返済を十分に行えるようになった場合に、子が住宅ローンの返済を引き継ぎます。

親子リレー返済の最大のメリットは、申込者が高齢であっても住宅ローンを組みやすくなるということです。

一般的な住宅ローンでは、申し込み時の年齢が70歳未満であることが条件の一つになっています。しかし、親子リレー返済の場合には、70歳を超えても、住宅ローンに申し込むことができます。

また、申込者が70歳未満であっても、メリットはあります。

例えば、申込者が65歳であったと仮定しましょう。その場合、一般的な住宅ローンの完済時の年齢は80歳未満であることが多いので、80-65=15となり、最長15年の住宅ローンしか組むことができません。

しかし、親子リレー返済では、連帯債務者となる子供が入れば、15年を超えた借り入れ期間の住宅ローンを組むことができます。

ローン開始時点の子供の年齢が45歳以下であれば、35年ローンを組むことが可能です。

しかし、親子リレー返済の返済期間は、親の返済期間と子の返済期間を足して35年以下である必要があります。従って、親が10年住宅ローンを返済した後、子供が30年住宅ローンを返済するというような条件は認められません。

親子リレー返済は、フラット35でも申し込むことができますし、一般の金融機関でも取り扱っているところがあります。金融機関によって、親子リレー返済の申し込み条件は様々ですが、一般的な要件を見てみましょう。

1.年齢
基本的には、後継者の年齢が20歳以上で70歳未満であり、完済時の後継者の年齢が80歳未満であることが条件となるケースが多いようです。住宅ローンの申込者の年齢は不問であったり、ローン開始時に80歳未満までという条件があったりする金融機関もあるようです。

2.後継者の条件
後継者は、住宅ローンの申込者の子供や孫などの直系卑属またはその配偶者である必要があります。申込者の配偶者は、一般的には親子リレーの後継者になることはできません。また、後継者は住宅ローンを開始する時点で定期的な収入がある必要があります。また、後継者は住宅ローンの申込者と共に、融資の対象となる住宅に同居している必要があります。金融機関によっては、ローン開始時に同居していなくても、将来同居を予定していれば大丈夫というケースもあるようです。

3.後継者の収入合算
住宅ローンに見合った年収があるかどうかを審査する際、住宅ローンの申込者の年収に加えて、後継者の年収を収入合算することができるケースが一般的です。その際、金融機関に寄って、後継者の年収の1/2までを合算できるケースと、後継者の年収の100%の合算が認められるケースがあります。

4.共有持分
住宅ローンの返済や頭金の拠出状況に応じて、住宅や土地の共有持分を決定する必要があります。その際、金融機関によっては、将来同居予定の後継者も融資住宅を共有する場合、後継者の共有持分が2分の1以下でなければならないとするケースがあります。

最新金利とランキングはこちら【2019年2月版】
じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印

じぶん銀行公式ページへ

 

住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印

住信SBIネット銀行公式ページへ

 

楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印

楽天銀行公式ページへ

 

au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印

au住宅ローン公式ページへ

 

イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印

イオン銀行公式ページへ