年収を補う方法

住宅ローンの収入合算方法は?夫婦の年収合計【メリットとデメリットは?】

「希望するマンションの借入額だと年収がちょっと不安…」「住宅ローンに申し込んだら年収が足りずに減額されてしまった」年収が理由で審査に通らない場合にそれを補うことができるのが収入合算です。夫婦、もしくはパートナーと収入合算することができれば一人だけの収入のときよりも借入限度額を上げることも可能になります。当サイトの結論を先にご紹介すると収入合算できる住宅ローンで現時点でのベストチョイスはじぶん銀行住宅ローンになります。金利の安さ、ネット銀行ならではの利便性のよさ、充実した保障とトータルのお得さで自信をもっておすすめします。収入合算の申し込み方法も簡単で仮審査申込み時に収入合算の有無を選択するだけでOK。収入が不安な方はまずは気軽に仮審査を受けてみることをおすすめします。

収入合算のメリットとデメリットとは?

夫婦

まずは収入合算のメリットとデメリットについて確認しておきます。

収入合算をすることで、単独で住宅ローンを借りるより大きな金額を借りることができるようになるというメリットがあります。またペアローンとは異なり、不動産の名義は単独の名義となります。

希望する物件の購入金額には年収が足りないという場合に二人の収入を合算することで購入が可能になるというのは魅力的ですが、デメリットもあります。

まず、単独の収入では借りられない金額の住宅ローンを借りて返済していくため、収入合算者(配偶者)の収入がなくなった場合にローンの返済負担が大きくなるというデメリットがあります。

出産や転職などによる収入の変動に対するリスクが高くなってしまうのは不安なポイントです。

また、ペアローンと違い住宅ローン控除は契約者だけしか受けられない点もデメリットといえるでしょう。

 

じぶん銀行住宅ローンの収入合算とは?

サムネイル

じぶん銀行住宅ローンの収入合算は申込者本人以外の配偶者や親などの収入を合算することができる仕組みです。

一定の条件を満たす配偶者または親子関係にある場合に利用でき、それぞれがじぶん銀行の住宅ローン借入れ条件を満たす必要があります。

  • 収入合算をする人が債務者の連帯保証人になる
  • 申込者のみ団体信用生命保険に加入
  • 住宅ローン控除は申込者のみが対象

申し込み方法は、仮審査の申し込み画面で収入合算の有無を選択して進めていきます。

 

住信SBIネット銀行住宅ローンの収入合算は?

サムネイル

住信SBIネット銀行住宅ローンの収入合算は、申込者本人の収入だけでは借入れを希望する条件を満たせない場合に、同居家族(収入合算者)の収入を合算して申し込む方法です。

住信SBIネット銀行住宅ローンの場合収入合算者の年収の50%までの範囲で合算ができます。

同居親族に一定の収入があれば合算できるものの、50%までが限度となっている点に注意が必要です。

住信SBIネット銀行住宅ローンで収入合算者に指定できる人は以下の条件をすべて満たす必要があります。

  • 借入れ時の年齢が満20歳以上満65歳以下
  • 安定継続した収入があること
  • 申込者の親・子・配偶者(婚約者も含む)・兄弟などの親族で申込者と同居の方※親兄弟は配偶者の親兄弟も含む

住信SBIネット銀行の収入合算もじぶん銀行と同様、住宅ローン契約はひとつ、団信生命保険の加入は契約者のみ、連帯保証人は住宅ローン控除を受けることはできません。

 

楽天銀行フラット35は収入合算できる?

サムネイル

フラット35の収入合算の条件を見てみましょう。

フラット35の場合収入合算の用件を見てみると次の要件すべてに当てはまる方一人の収入を合算できるとされています

  1. 申込みご本人の親、子、配偶者等
  2. 申込時の年齢が70歳未満の方
  3. 申込みご本人と同居される方
  4. 連帯債務者となる方(1名のみとなります。)

収入合算できる金額は、一般の住宅ローンとは異なり、収入合算者の年収の全額まで。

100%合算できるのは魅力ですが、合算額が収入合算者の年収の半分を超える場合には借入れ期間が短くなる場合があります。

年収の50%を超える場合の借入れ期間は

フラット35借入れ期間の上限=80歳-申し込み者本人もしくは収入合算者

となるため、例えば、申込者が35歳、合算者が50の場合には、80-50で買い入れ期間の上限は30年になります。

フラット35の場合、この収入合算のほかに、親子リレー返済もあります。

 

住宅ローンの年収を補う収入合算とは?

夫婦

ここでは、年収の問題で審査に通らない場合の解決策のひとつ収入合算について詳しく見ていきます。

あなたの現在の状況で住宅ローンの審査に通るかどうかは、金融機関や保証機関が判断します。

住宅ローンでは、いろいろな項目が審査されますが、年収や総返済負担率(すべての債務に対する1年間の返済金額の総額が、年収に対してどの程度の比率になっているか)も大きな判断要素の一つになります。

簡単に言えば、年収に対して返済額の割合が多くなりすぎると審査に通らないのです。

状況によっては、一人の年収では、住宅ローンの収入基準を満たさない場合があります。

そのとき、複数の人の年収を住宅ローン返済の資源とみなして、一人では借りられない額の住宅ローンを組むという方法があるのです。複数の人といっても、一般的には二人で、夫婦や親子といった親族に限られます。

これを収入合算といいます。

収入合算は当サイトでご紹介しているじぶん銀行住信SBIネット銀行住宅ローン、そして楽天銀行フラット35もペアローンや親子リレーローンに対応しています。

二人の年収を基に、収入合算をして住宅ローンを組むには、どのようなスタイルがあるのでしょうか? 

夫婦の年収をもとに、住宅ローンを組む場合を考えてみます。

便宜的に、夫が主たる債務者になるとの前提にしますが、妻や親や子が主たる債務者になる場合もあるので、その場合には、主たる債務者やペアの関係を適宜読み替えてください。

まず、比較対象として、一人で住宅ローンを組んだ場合を考えてみます。

この住宅ローンの状況を単独債務といいます。先ほどの例では、夫単独の年収を基に、住宅ローンの審査を通し、夫の年収の中から住宅ローンを返済します。

この場合、一般的には保証会社が住宅ローンの連帯保証人となるため、妻には住宅ローン返済の責務は全くありません。また、夫を対象とした団体信用生命保険に加入し、夫に万一のことがあった場合には、保険金によって住宅ローンを完済することができます。

次に、いわゆる収入合算と呼ばれるスタイルをご紹介します。

例えば、夫の年収だけでは、住宅ローンの審査が通らない時に、夫と妻の年収を足して、年収の合計額(妻の年収は割り引いてカウントされる場合があります)で住宅ローンの返済に足ると認めてもらうケースで、夫と妻の両方の収入(年収)を合算して住宅ローン返済の資源としますので、収入合算と呼ばれています。

夫が主たる債務者になったと仮定して、収入合算には、妻が住宅ローンの連帯保証人となるスタイルと、住宅ローンの連帯債務者になる2種類のスタイルがあります。

妻が連帯保証人になった場合について考えてみます。

連帯保証人とは、主たる債務者(夫)と連帯して住宅ローンの返済を保障するという立場です。

従って、夫が住宅ローンを返済している時には、妻が住宅ローンの返済を行う必要はありませんが、夫が住宅ローンの返済を延滞した場合、金融機関から妻へ住宅ローンの返済請求が送られることになります。

この場合、団体信用生命保険に加入できるのは夫だけで、収入を合算している妻に万一のことがあっても、保険金はおりません。また、住宅ローン控除の対象になるもの夫だけです。

もう一方のスタイルは、妻が住宅ローンの連帯債務者になる場合です。

連帯債務とは、債務者と全く同じ債務を負うということです。

例えば、2000万円のローンを夫を主たる債務者、妻を連帯債務者として組んだとします。その場合、夫も妻も2000万円のローンを返済する責務を等しく負っています。

しかし、倍の4000万円を支払うという意味ではなく、一方が返済した金額については、他方の連帯債務者に返済の責務はなくなります。

フラット35では、連帯保証ではなく、連帯債務として収入合算することが一般的です。

なお、債務の分担状況に応じて、連帯債務者である妻も住宅ローン控除の対象となります。

団体信用生命保険については、主たる債務者の夫のみが対象となる場合と、特約によって妻も対象とする場合があります。

表13

また年収が足りない場合には一つの方法として低年収でも審査に通る住宅ローンを申し込むという方法ももちろんあります。

住宅ローンを借りられる下限はいくらなのか気になったことは無いでしょうか?

こちらのページでは年収200万円で審査に通る住宅ローンについて詳しく考察しています。

 

最新金利とランキングはこちら【2019年5月版】
じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印

じぶん銀行公式ページへ

 

住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印

住信SBIネット銀行公式ページへ

 

楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印

楽天銀行公式ページへ

 

au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印

au住宅ローン公式ページへ

 

イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印

イオン銀行公式ページへ